急募は採用されやすい?

塾講師のバイトの求人は比較的多く見られますが、急募と記されている求人は、やはり採用されやすいのでしょうか?
結論から言えば、条件があえば採用される確率は高いといえます。

その理由のひとつは、仕事内容の特殊性にあります。
接客や事務、あるいは工場という仕事ですと仕事量や営業時間をコントロールして、少ない人員で運用する手段は取れます。
しかし、塾の場合はすでに生徒さんと授業の計画が決まっていますので、いざ授業をやるときに先生がいませんでは成り立たないのです。
ですから、急募の文字が出ている場合は間違いなくその塾は一刻も早く人員を補充したいと思っていますので、いい人が来れば募集期間の終了を待たずに採用を決めてしまう場合も当然考えられます。

ここで注意したいのは、急募の場合は入ってからが少し大変になる可能性があるということです。
将来を見越しての増員でバイトを募集する場合と違い、入った瞬間からある程度のレベルで塾講師をしなければいけないかもしれません。
そのあたりは、しっかり肝に銘じておきたい点です。

しかし、そのことを逆に考えれば、急募で採用されたその仕事をしっかりこなせれば、穴を埋めた形のあなたは簡単には「はずせない」ということになりますので、その後は比較的安泰に仕事ができる可能性が高いです。
特に塾講師のバイト経験者であれば、急募とあるものはヒット率の高いねらい目の求人といえるかも知れません。